モデルハウスご活用方法 – 石川・金沢の新築&注文住宅ならLACLASへ

金沢市の住宅建築ハウスメーカー ラクラス株式会社

モデルハウスご活用方法

How to use the model house?
見る&知る
感じる
話す
scrool

1:見る・知る

カタログやホームページでは伝え切れない
「本物を見る」体験。

これから住まう上で、毎日触れるものだからこそ、しっかりと見て、実際に触れて、感じてほしい。モデルハウスでしか体感できない「本物を見る」体験をしてほしいと考えています。

より良いスタンダードへ。
今までの暮らしとこれからの住まいを知る。

今の住宅は、数年前、数十年前のものとは、劇的に変わってきていることをご存じでしょうか。トレンドや機能面でも、さらにより良いものをスタンダードとする形へと変化しています。

次へ

2:感じる

実際に動きながら体感することで、
得る「確かな理想」。

建てる前に体感することは、これからの暮らしを考える上でとても大切なこと。実際に動きながら、理想を膨らませていくのも、きっと充実した時間になるはずです。

空間に身を置き、感じることで
これからの住まいのヒントを見つける。

空間に身を置き感じたことは、これからの住まいを想像させる一つのヒント。だからこそ、住まう人にとって、住みやすく過ごしやすいベストな空間を考える上で、実際に体感することが大切なのです。

次へ

3:話す

自分の考えるマイホームの「理想」を、
話すことで、見つけていく。

私たちに話していただく内容は、漠然としたビジョンでも構いません。その「理想」について語って頂くことで、住まう人にとっての最適な提案が生まれます。

ずっと暮らしていく家だからこそ、マイホームは、住まう人にとって「理想の結晶」であるべきです。ご家庭によって、生活スタイルやこだわりたい点はさまざま。家のテイストや雰囲気についてもビジョンをお持ちかと思います。

まずは「話すこと」。
そして曖昧だったビジョンを定め、自分の「理想」について、とことん話し合っていきましょう。